立憲主義の破壊に反対しよう! 山本名誉教授の投稿より

2015-07-15

私が高校一年生の時、安倍氏の爺さんは強行採決を行いました。日米安保です。そのために東京、名古屋、京都、大阪の高校生は「それまで習ってきた民主主義と異なるとしてデモに参加しました。私たちはそこで初めて社会の勉強を始め、サークルが組織されていったのです。人々と連帯し、先輩大学生とも連帯して。その時の岸の発言は「声なき声が私を支持している」とうそぶいたと当時のNHKニュースが報道したことを今でもしっかりと覚えています。日記をつけていましたので。そして新聞は読売を含めて「7社共同声明」を発して、岸内閣の蛮行を鋭く批判しました。これに懲りた支配体制はメディアの代表者を政府審議会や会食にいざなって手なずけていったのです。それが今日の源流です。民衆はそれを乗り越え今まで憲法精神を擁護し続けてきたために自民党政府は明文改憲から解釈改憲にと移って行ったのですが、今回はどうでしょう。改憲を提起できないと思い知った安倍は法制の点で事実上の改憲を目指してきたのです。特定秘密保護法、派遣労働法制も憲法と労働基準法破壊という意味でその一環ですし、自衛隊の大っぴらの「友好国」軍との共同訓練の名の東シナ海での威嚇行動、武器輸出三原則を否定し武器技術移転法という名の海外進出もまたその一環です。怒りましょう。この蛮行を!!

 

安倍氏は全く爺さんと同じ道を歩んでいます。強行採決といい、きっと「声なき声は我を支持している」といいたいのでしょう。しかし今国会の最大の問題は立憲主義を破壊し一内閣で勝手に憲法に即しているということでしょう。これでは全くの議会を通じた独裁政権。それに追随する公明党などの政治家はもはや政治家としてのかけらも失います。あの戦前の大日本帝国憲法を創設した伊藤博文らが最大に注意を払ったのは、天皇主権とえどもも天皇は憲法に準拠し、かつ議会の「協賛」を経て政治運営を図る程度の立憲主義を順守しました。ところがどうでしょう。現行憲法99条は天皇および皇太子はもとより首相等の特別公務員はもとより公務員に憲法順守義務を課してきたのです。ですから歴代自民党政権は無理に無理を重ねてぎりぎりの選択に腐心してきたのです。ところが今回は対米従属丸出しの自衛権行使ならぬ他衛を決めようというのですから、憲法はあってなきがごとしになるのです。私は昨年7月2日の朝日新聞インタビューでこれを「憲法クーデター」とよびましたが、憲法を無視するクーデターということができますし、これに手を貸した公明党と自民党の政治家たちはもはや政治家に値しません。歴史的審判が下されるはずです。長く歴史を学んできた私にとっては、許しがたい蛮行と呼びましょう。

 

カテゴリー: コラム 

ページトップへ